胃腸科・消化器・胃カメラ・大腸カメラ・プラセンタ・AGA治療                                   

アミノインデックスについて

アミノインデックス がんの早期発見方法

 味の素ら、がん患者と健常者では血中アミノ酸濃度バランスが異なると発表

味の素と神奈川県立がんセンターは9月8日、がん患者は健常者と比較して「血中アミノ酸濃度バランス」が有意に変化していることなどを共同で発表した。その変化は早期がん患者からも認められること、および血中アミノ酸濃度を変数とした「多変量解析」により、がんの早期発見への応用が可能であることなども明らかにしている。研究成果は、9月7日(米国時間)に米オンライン学術ジャーナル「PLoS ONE」に掲載された。

味の素では、血中アミノ酸濃度のバランスの変動を統計学的に解析・指標化し、健康状態や持病のリスクを明確にする「アミノインデックス技術」の研究開発を 行っている。血中アミノ酸濃度は、生体の恒常性維持機能により一定に制御されるが、種々の疾患においてはバランスが崩れ、健常者と比較して変化しているこ とが多くの論文でこれまで報告されている。ただし、これまでのがん患者における血中アミノ酸濃度の変化についての研究は、小規模に留まっていた。

しかし今回の研究では、複数の病院や人間ドックから早期がん患者を含めて大規模に臨床症例の収集を実施。血中アミノ酸濃度バランスを測定することにより、がん患者と健常者とを判別する可能性を検証するための症例対照研究が行われた。

今回の研究では、5種類のがん(肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、前立腺がん)について調査。がん種ごとに130~200名、合計928名のがん患者と、がん種ごとに対象として650~1000名、合計4618名の健常者における血中アミノ酸濃度バランスの比較が行われたのである。

その結果、健常者に比べてがん患者は血中アミノ酸濃度バランスが有意に変化していることが判明。また、がん患者における血中アミノ酸濃度バランスの変化には、がん種間で共通するアミノ酸群の変化と、がん種により特徴的に現れるアミノ酸群の変化があることも確認された。

5種類のがん患者の、血中アミノ酸濃度バランスの変化。健常者のアミノ酸濃度バランスが円形の黒実線で表されており、がん患者のものはその相対値として示 されている。黒実線の内側の灰色の領域にプロットされるアミノ酸は、健常者よりも低下していることを示し、外側の白い領域にある場合は増加しているという 具合。どのがんも健常者に対してかなり増減がある上に、それぞれのがんで特徴的なところが見られる

また、血中アミノ酸濃度バランスの変化は、早期がん患者でも認められることも判明。さらに、多変量解析の一種である判別分析を行うことで得られた判別関数 は、がん患者と健常者を「ROC(受信者動作特性)曲線下面積」で0.75以上の制度で判別できることを示す結果も得られている。

ROC曲線下面積とはある検査によって正しく診断される確率を表す指標で、0.5~1の値を取り、一般に0.7以上で有効な検査、0.8以上になれば優れ た検査とみなされるというもの。今回は0.75以上だったので、有効な検査であり、優れた検査に近いといえるわけだ。なお、この判別関数を用いると、早期 がん患者でも判別できることが示されている。

今回の研究で得られた知見を応用することで、アミノインデックス技術によって、血液で簡単でいて高い精度で複数のがんの早期発見ができる可能性が出てきたとしている。同社では、今後アミノインデックス技術に関して疾患の対象を拡充していくとともに、血中アミノ酸濃度バランスが変動する機構の解明、ならびに「コホート研究」など、さらなる研究を継続していくとしている。

なお、コホート研究とは疫学研究法の一種で、ある集団を将来にわたって追跡調査を行い、後から発生する疾病を確認するという研究手法のこと。例として、血 中アミノ酸濃度バランスの解析結果から疾患リスクが高いと判別された被験者群と、疾患リスクが低いと判別された被験者群というように分類し、将来の疾患発 生率の研究を行い、血中アミノ酸濃度バランスとの間にある因果関係を調べるような研究を指す。

2011年9月9日 マイコミジャーナル

アミノインデックスとは?

アミノインデックス とは、血液中の各種 アミノ酸 濃度から、健康状態や疾病の可能性を明らかにする技術を活用した解析サービスです。この アミノインデックス を用いて血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人と癌である人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、癌であるリスク(可能性)を予測する検査を アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AminoIndex Cancer Screening:AICS)といいます。
癌の人では血液中の各種アミノ酸濃度バランスが変わります。AICSは、それをもとに癌に罹患しているリスクを予測する検査で、対象となる癌の種類は、胃がん・肺がん・大腸がん・すい臓がん・前立腺がん(男性のみ)・乳がん・子宮がん・卵巣がん(女性のみ)です。

癌に罹患している確率を算出した数値がAICS値で、0.0~10.0の間の値をとり、癌である確立が高いほど高値になります。
AICSを受診した1万人のAICS値を低い順から並べると、5.0未満の人が8,000人(このグループをランクAとします)、5.0以上8.0未満の人が1,500人(このグループをランクBとします)、8.0以上の人が500人(このグループをランクCとします)という3つのグループに分かれます。
AICSでは、値が大きいほど癌のリスクが高いのでランクA→ランクB→ランクCの順で癌のリスクが高くなるといえます。

採血1回

この検査は「アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)」と呼ばれる。味の素が独自開発した技術を臨床応用したもので、現在は、胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がんを対象としている。

従来のがん検診では、胃のバリウム検査や胸部エックス線検査、便潜血検査など、がん種ごとに検査が違い、受診者の負担が大きかった。しかしAICSは、1回の採血でこれらのがんのリスクを同時に調べられる。

比率が変化

なぜ、血液中のアミノ酸でがんを予測できるのか。味の素の吉元良太・アミノインデックス部長によると、鍵は、血液中のアミノ酸が全身の状態を反映する“鏡”の役割をすることにある。

体を構成するタンパク質は、約20種類のアミノ酸から作られている。健康な人の場合、血中アミノ酸の濃度比率はほぼ一定に保たれているが、臓器に異常が起きると、その影響で比率が微妙に変わる。変化のパターンは臓器や病気によってそれぞれ特徴がある。

同社は、5種類のがんの患者計約2000人と、健康な人間ドック受診者約1万7700人のデータを基に、がんの種類ごとにリスク判定に最適な計算式を確定した。

実際の検査では、受診者のデータを計算式に入力して「AICS値」をはじき出す。この数値が大きいほど、がんの確率も高くなる。例えば胃がんの場合、最も高確率とされる「ランクC」(AICS値8~10)では98人中1人ががんで、リスクは一般の10・2倍と推定されている。

新しいがん検診(自費医療)

アミノインデックス(R)がんリスクスクリーニーング(AICS:AminoIndex(R) Cancer Screening)とは、血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、がんであるリスク(可能性)を予測する検査です。

※検査の対象がんと検査推奨年齢・・・20歳以下の方は対象外です。

男性 胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん 25歳~90歳
前立腺がん 40歳~90歳
女性 胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、乳がん 25歳~90歳
子宮がん、卵巣がん 20歳~80歳

AICS値が高いと(ランクC)がんであるリスクは高く、予測されたがんについての精密検査が必要となります。
検査は血液を5ml採血するだけです。
なお、この検査は健康保険は適応されませんので、検査の費用は自費となります。

検査を受けられない方…妊娠中、授乳中、がん患者、先天性代謝異常、透析患者

検査を受けられる際の注意事項
検査前日の午後9時以降は、水以外(食事、飲料水、サプリメント等)はとらない
検査前日の夕食は肉や魚は過剰にとり過ぎない
検査当日の朝の運動は控える
検査当日は慢性疾患の薬のみOK

 

検査費用

アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)   検診料金 24,000円

 

検査は2週間後で結果が出ます。

福岡県大野城市東大利3丁目11-28 TEL 092-588-2080 《診療時間》9:00~12:30/14:00~18:00(土曜/木曜 9:00~12:30)《休診》日祝日

診療カレンダー

診療時間・診療科目

アクセスマップ

アンケート

遺伝子検査でアルツハイマー病のリスクを調べてみたいですか?
  • facebook
PAGETOP
Copyright © いまさと胃腸内科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.