胃腸科・消化器・胃カメラ・大腸カメラ・プラセンタ・AGA治療                                   

ピロリ菌について

ピロリ菌について

ピロリ菌

日本人の感染率は先進国の中でトップ、感染者は放置すると胃がんの発生率が増大します。

ピロリ菌は1983年 オーストラリアのロビン・ウォレン(J. Robin Warren)とバリー・マーシャル(Barry J. Marshall)により発見された。胃の内部は胃液に含まれる塩酸によって強酸性であるため、従来は細菌が生息できない環境だと考えられていた。しかし、ヘリコバクター・ピロリはウレアーゼと呼ばれる酵素を産生しており、この酵素で胃粘液中の尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、生じたアンモニアで、局所的に胃酸を中和することによって胃へ定着(感染)している。この菌の発見により動物の胃に適応して生息する細菌が存在することが明らかにされた。

ヘリコバクター・ピロリの感染は、慢性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のみならず、胃癌やMALTリンパ腫などの発生につながることが報告されている。細菌の中でヒト悪性腫瘍の原因となりうることが明らかになっている唯一の病原体である。

ピロリ菌の感染ルート
ピロリ菌は哺乳類特有の菌で胃前庭部に住みつく菌と言う意味もあります。水を媒介して感染する傾向があり、日本では井戸水を飲料水とした時代が長く、水道の整備が遅れていたため先進国の中で最も感染率が高くなっています。世界では東南アジアが最も感染率が高い理由が水道の整備が更に遅れているためと考えられます。日本では年齢とともにこの細菌を持っている人が増えていき、40歳以上で感染率が増加し、国民の約1/3が感染しているとされています。人から人への経口感染がほとんどで、家族内での母親から子供への感染が多いと言われています。このようにほとんどが幼少時に感染しているようです。ゴキブリがピロリ菌を運んでいる可能性も指摘されています。いわゆる不潔な環境では感染率が高くなってきます。

病気との関わり

1.胃潰瘍、十二指腸潰瘍

潰瘍の方の感染率は95%以上になります。潰瘍は一旦よくなっても半数以上が再発するため抗潰瘍薬を止める事が出来なくなります。ピロリ菌が発見される以前までは、潰瘍は再発するのが当たり前と思われてきましたが、除菌に成功すると再発率が著明に減少します。ピロリ菌が居なくなると潰瘍の傷改善度がアップしきれいな傷になりますので再発率が低下します。この潰瘍病変に対しての除菌療法は保険適応となっていますので是非除菌治療を行うべきです。

2.胃がん

日本では胃がんが多く、日本人の塩分摂取率の高さも原因ですが、1994年世界保健機構(WHO)はピロリ菌を疫学的調査から確実な発がん物質と認定されています。胃がん発生の予防効果があることが証明されています。がん予防のための除菌療法はまだ保険適応になっていません。

3.萎縮性胃炎

萎縮性胃炎の大部分はピロリ菌感染が原因です。この菌に感染するとまず急性胃炎が最初起こり、徐々に萎縮性胃炎、さらには腸上皮化生が生じ、胃がんになる危険性が約十倍に増加します。除菌により萎縮性胃炎が改善するケースが多く見られます。ただし、慢性胃炎の原因にはピロリ菌感染以外にも、加齢、塩分の過剰摂取、アルコール、タバコなど多くの原因もあります。治療をかねてがん予防のための除菌療法を望まれますが保険適応ではありません。検査としては胃カメラで粘膜の観察が基本ですが、ペプシノゲン検査と言って採血で萎縮性胃炎の度合いを測ることが出来ます。ただしこの検査は保険適応外です。

4.胃MALTリンパ腫

悪性度はあまりないのですが胃悪性リンパ腫で、粘膜面の凹凸(鳥肌のような)を特徴した病気ですがピロリ菌感染率は約95%です。感染者では除菌治療が第一選択の治療法で、除菌により約70%のリンパ腫が改善します。改善した場合の長期予後は極めて良好です。(保険適応なし)

5.特発性血小板減少性紫斑病

血小板減少を生じる一種のアレルギー血液疾患で、感染率は約50%です。感染者の半数で除菌により血小板が増加し、増加した血小板はその後も維持されます。(保険適応なし)

6.胃過形成性ポリープ

よく見られる良性のポリープです。放置しても問題は少ないのですが、除菌例では約70%でポリープが縮小あるいは消失します。(保険適応なし)

7.機能性ディスペプシア(NUD)

腹部症状が数ヶ月間続き潰瘍のような痛みを訴えるにも関わらず明らかな病変を認めない状態で、実際に内視鏡上明らかな粘膜異常がないことが多く見られます。ピロリ菌感染者では除菌で症状が改善すると言われています。(保険適応なし)

8.逆流性食道炎

除菌治療後に逆流性食道炎の発症や増悪が見られます。これは除菌によって胃酸分泌が亢進したための現象ですが、結果的に健康な胃粘膜となり胃には良い環境をもたらします。(保険適応なし)

9.消化管以外の病気

鉄欠乏性貧血、慢性関節リウマチ、シェーグレン症候群、慢性蕁麻疹、アトピー性皮膚炎などが除菌で改善した報告があります。(保険適応なし)

ピロリ菌除菌療法の勧め

現在の保険診療では上記の1.胃潰瘍、十二指腸潰瘍しか保険適応がありません。胃癌予防や萎縮性胃炎等その他に対しても是非除菌療法が望まれるものです。

保険外治療(自費治療)としても除菌療法をお勧めします。2種類の抗生剤とPPIと呼ばれる制酸剤を7日間内服しなければなりません。除菌成功のためには飲み忘れないようにすることです。ピロリ菌は常に粘膜下に潜んでいますので飲み忘れますとお薬に対して菌が耐性を作るからです。

1次除菌として認められている、抗生剤クラリスロマイシンに対して耐性を持ったピロリ菌が見られるようになっています。1次除菌療法の成功率は70%と言われています。H20年度より抗生剤ニトロメタゾールを使用した2次除菌療法が保険で認められるようになりました。この除菌成功率は90%以上になっています。

ピロリ菌の検査と治療

1次除菌薬ボノサップ 1週間分飲みやすいように工夫されています。

2次除菌薬:フラジール、サワシリン、タケキャブ(パリエット)

保険適応がない疾患でも除菌療法お勧めします。

胃カメラ受けられて上記保険適応外疾患で除菌療法希望される場合は自費医療となります。また胃カメラ検査なしで下記検査でピロリ菌陽性であれば除菌の対象となります。他院でピロリ菌陽性と診断された方も受け付けます。

除菌成功の有無を確認する必要がありますので除菌治療終了後約2ヶ月から4ヶ月の間に下記ピロリ菌検査(呼気法)を受けられて下さい。

自費除菌療法・・・除菌薬を含みます
自費呼気ピロリ菌検査(呼気法)
自費尿ピロリ菌検査(尿抗体法)
自費血中ペプシノゲン検査・・・この検査は胃カメラしなくても萎縮性胃炎の状態を把握できる検査です。

詳しくはご来院もしくは電話でご相談ください。

診療カレンダー

診療時間・診療科目

アクセスマップ

アンケート

遺伝子検査でアルツハイマー病のリスクを調べてみたいですか?
  • facebook
PAGETOP
Copyright © いまさと胃腸内科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.